業務用炊飯器・保温ジャー

炊飯器の選び方

炊飯器の種類

ガス炊飯器

ガス炊飯器

大容量で火力も強い

業務用では主流で大容量・大火力が強み。ガスホースをつなぐ必要があるので使える場所に制限があります。光熱費が押さえられる強みもあります。

電気炊飯器(マイコン炊飯器)

電気炊飯器(マイコン炊飯器)

種類が豊富で安価

下からのヒーター加熱で炊き上げるタイプ。炊きムラが出やすいので厚めの釜がおすすめです。ラインアップは豊富。導入コストを重視する方に人気があります。

保温ジャー

電気炊飯器(圧力IH炊飯器)

炊き上がったご飯を長時間おいしく保存

保温ジャーは炊飯機能がなく、保温に特化したジャーです。
炊飯器で炊いたご飯を保温専用ジャーに入れて保温することで、味も香りも変わらないおいしいご飯を食べることができます。

炊飯器の比較

導入コスト 維持費 容量 火力 保温性
ガス炊飯器
マイコン炊飯器
IH炊飯器
圧力IH炊飯器

容量の選び方

一般的に茶碗1杯で175グラムとした場合、1升が約20杯となります。一日で何食を提供するか?によって容量を選んでください。

例えば、座席数30で回転数3の場合、90杯(食)が必要になりますので
90食÷20食(杯)1升=4.5升
となります。
※こちらの数値はあくまでも目安となります

53件中 1-53件表示
53件中 1-53件表示