製麺機



ポイント1

仕入れ麺では実現できない、こだわりの自家製麺
を作ることが可能!

ポイント2

お店の規模や
業態に合わせて、
最適な機器をご提案!





  • 選ばれる理由
  • お問い合わせ

理由1 実は人気ラーメン店の約40%が自家製麺で提供しています!

(自家製面率/ラーメンデータベース調べ)

自家製麺の第一目的は原価を下げるためではありません。
麺はスープと同じく命!常に進化する顧客ニーズに合わせて協業店も進化しています。
自家製麺が手元で作れるからこそ思い立ったらすぐに開発・研究・実験が可能になります。また製麺機があることで、販促として期間限定メニューも必要な分だけ作ることができます!

理由2 経営ではコスト管理も重要!自家製麺で驚きのコスト削減!
コスト比較(概算)
原価(1食分)
売上数(1日当たり)
営業日数
原価支払
製麺機リース料(5年)
月間合計コスト
仕入麺
×60円
-100食
-25日
×150,000円
0円
150,185円
自家製麺
20円
-100食
-25日
50,000円
×30,500円
80,645円


理由3 種類は2種類から選べます。おすすめはミキサー付きタイプ!

現在テンポスオリジナル製麺機は2種類あります。ミキサーを付けるか付けないかの違いです。
ミキサー付きで150万円、ミキサーなしで125万円です。他社同等モデルと比べてもテンポスではニーズの多いタイプのみの開発に注力しているため、格安の設定となっております。

ご購入いただいたお客様の多くは1年半〜2年ほどで機械代を償却できる計算です。
受注生産品のため、ご注文頂いてから約1ヵ月〜2ヵ月で納品となります。熟成期間を含まず製麺のみですと約1時間程度で100食〜150食の製麺が可能です。

image

(1)粉振機 打粉振り機が標準装備、スピードコントロール付きで麺に合わせた調整が可能です。
(2)コンベアー カットされた麺が自動で流れてくるので、麺取りがスムーズに出来ます。
(3)圧延調整ダイヤル 片手で簡単に圧延調整が可能です。
(4)各種スイッチ・ダイヤル ミキサースイッチ・自動調量ダイヤル(カッター)・ロールスピードダイヤル・スイッチ
・ミキサータイマー
(5)ミキサー 8kg ハンドルを上部に上げるだけで、ロール部に送り込みが可能、ギアロック式
(6)切り替えレバー 麺帯仕上げ、切羽に送る切り替えレバーです。
(7)メインスイッチ 機会中心部にメインスイッチを配置(右 緊急停止スイッチ)
(8)フットペダル ボタン操作をせずに足で一時停止が可能です。

FNZ-200
サイズ 幅1500mm 奥行700mm 高さ1500mm ロール径174mm
仕様 電源 100V

理由4 ご希望の麺作りを全力サポート!まずはデモにご参加ください!

製麺機の開発から携わった経験のある専門スタッフが担当し、配合・熟成・圧延まで、すべての工程におけるレシピをご提案いたします。レシピがあることで、常に安定した麺を誰でも作ることができ、品質を保つことが可能になります。

国内飲食事業者の4人に1人にテンポスをご利用いただいておりますが、麺業種のお客様は特に多く、繁盛店への導入事例も豊富にございます。
お客様のご予算・ご要望に合わせて、オリジナル機器・中古機器・リースなど幅広いご提案も可能です。





現在登録されている商品はありません。